出雲伊波比神社

ご利益:良縁 商売繁盛 交通安全

古式ゆかしい「やぶさめ」で有名な神社。毛呂山町のほぼ中央、小高い独立丘陵である臥龍山の上に位置している。

「臥龍山宮伝記」によると、景行天皇の53年に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征を成し遂げ、がい旋した際、この地に立ち寄り、天皇から賜ったヒイラギの鉾をおさめ神宝とし、出雲の大己貴命(オオナムチノミコト)をまつったとされる。

現在の本殿はこの再建時のもので一間社流造、県内最古の神社建築であり、棟札二面と併せて国の重要文化財に指定され、埼玉県内では最古の神社建築となる。

商売繁盛、良縁祈願、交通安全、旅行安全、殖産振興、出世開運、武勇長久などのご利益がある。

住所:埼玉県入間郡毛呂山町岩井西5丁目17−1

地図