大塚丘

ご利益:安産 金銭 開運招福

大塚丘(おつかやま)は、山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社の背後にある小丘。丘の登り口には鳥居が立ち、その付近に大塚碑等の石造物がある。

また、丘の中心部には、山頂を背にして浅間明神を祀る石祀も残されている。

南北が約二十四m、東西が約十八m、高さは約五mの方形台状で、上部は四m四方の平坦地で、四隅にヒノキが植樹されているが、うち一本は枯死したためか残っていない。

三本のヒノキの樹齢は4~500年前後と推定される。富士吉田市の天然記念物に指定されている。築造年代は不明だが、ヒノキの樹齢から推定して中世末から近世初期のものと考えられる。

日本武尊が富士山を遥拝したところだともいわれている。ここは山霊の降り立つ場所であるとされる。

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中11

地図