満正寺(九曜星占盤)

ご利益:恋愛 祈願成就 ---

倉吉市鍛冶町にある満正寺。元禄12年(1699年)、鳥取池田藩城代家老 荒尾志摩の菩提寺として建立された。

漫画「遥かな町へ」(谷口ジロー/小学館)でも主人公がタイムリープする不思議な空間として描かれている。

2010年秋、満正寺に古来より伝わる秘伝の星占術を現代風にアレンジした「九曜星占盤」が境内に降臨。

「九曜星占盤」は、直径8メートルの巨大星占盤。生年月日から星を算出し、性格・恋愛・対人関係を占うことが可能。 九曜星占盤は満正寺の紋「九曜紋」は、荒尾家の家紋に由来する。

本尊は、お釈迦様(おしゃかさま)で「心願成就」(心の願いをかなえる)仏様である。堂内左側には、倉吉の殿様、池田藩家老の荒尾公、堂内右側には、病を癒す、薬師如来と十二神将が祀られている。

住所:鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2948

地図