金蛇水神社

ご利益:商売繁盛 厄除け 金銭

金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は、宮城県岩沼市にある神社である。

989年、京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を賜り、名水を求めて諸国を遍歴していた。

当社の鎮座する三色吉の地を訪れたところ、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれ、水神宮に参籠祈願して神恩を請い、宝刀を鍛えることができた。宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を斎鍛して水神宮に奉納し、都に上ったという。以来この金蛇を御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称して今日に至る。

御祭神は金蛇大神 (水速女命) で古くからこの地に祭られる水の神。古来、龍や蛇は水神の化身とされている。
財力 (商売繁盛・金運円満)、生命力 (厄除開運、病気平癒)、生業の守護 (五穀豊穣・大漁満足・海上安全)の神として多くの信仰を集めている。

住所:宮城県岩沼市三色吉水神7

地図