首かけイチョウ

ご利益:厄除け その他 ---

日比谷公園の中にあるイチョウの巨樹。、幹周/6.5m、樹高/21.5m、推定樹齢/350年。

名前の由来は、明治32年頃、当時道路拡張のため伐採されようとしていたこちらの大イチョウを、日比谷公園の生みの親である本多静六博士が公園内に「首をかけても移植させる」と言って、移植不可能とされていたものを、見事移植に成功し守り抜いたという話からきている。

現在でも移植されたとは思えないほどの立派にそびえていて午前中に行くとよりパワーを受け取れるといわれている。

首かけイチョウのある日比谷公園(ひびやこうえん)は、東京都千代田区に所在する公園、および同公園を町域とする千代田区の町名。

住所:東京都千代田区日比谷公園

地図