穴八幡神社(穴八幡宮)

ご利益:健康 --- ---

穴八幡宮(あなはちまんぐう)は、東京都新宿区の市街地に鎮座している神社。
蟲封じのほか、商売繁盛や出世、開運に利益があるとされている。旧称は高田八幡宮。

社伝によれば、1062年(康平5年)源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったという。


1636年(寛永13年)ここに的場が造られ、この八幡宮を守護神とした。

1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れた。掘った人は「芽出度い」と大喜びし、以来、「穴八幡宮」と称するようになった。
3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。

住所:東京都新宿区西早稲田2丁目1−11

地図