寒川神社

ご利益:祈願成就 その他 ---

寒川神社(さむかわじんじゃ)は神奈川県高座郡寒川町宮山に鎮座する神社。相模国一ノ宮である。延喜式相模国名神大社として朝廷の尊崇も厚かった。現在も八方除けの守護神として参拝者が集まる。

相模国一宮。創建時期は不明だが、雄略天皇の頃とも伝わる古社。八方除け(方位除け)の守護として関東では有名な神社。
祭神は寒川比古命、寒川比女命としているが、時代により変遷もあり、諸説ある。

寒川神社の創祀年代はわかっていない。 ただし雄略天皇(456~479)の御代に奉幣、また神亀4年(727)社殿建立と伝える記録があり、少なくとも千五百年以上の歴史を誇ることになる。

初めての公の記録は、仁明天皇承和十三年(846)神階従五位下を授けられたとの『續日本後紀』の記録です。爾来神階の授与が度々なされており、齋衡元年(854)従四位下、元慶八年(884)正四位下、延喜十六年(916)正四位上と進階されている。

また『延喜式』神名帳(927年編纂)によれば、相模国十三社のうち、唯一の名神大社となっている。

住所:神奈川県高座郡寒川町宮山3916

地図